いつかは課題を感じて検討する人

いつかは課題を感じて検討する人

BtoB企業担当者の情報行動・購買行動を踏まえると、Webサイトやブログ等で為になる情報を発信し、検索エンジンやソーシャルメディアを通して“ユーザの側から”自社を見つけてもらうこと。そうして、情報収集や課題形成に参考となった企業として期待や信用を獲得し、お問い合わせや資料請求をしてもらい、商談化・顧客化までをきちんとフォローすることの方が大切です。

さらに、購買プロセスの尚早段階から関係を作れますのも魅力です。テレアポやDMなどのアウトバウンド施策や、従来のSEOやリスティングなどインバウンド施策は、図の比較検討、導入決定段階の顧客をいかに効率よく獲得出来るかに焦点を当てておりました。

購買プロセスの前半から潜在顧客・見込み顧客とコミュニケーションをスタート出来ることなのです。しかしていながら、視野を若干の広げまして見てみますと「現在は無関心だが、いつかは課題を感じて検討する人たち」「課題は考えてていますが、現在は情報収集をしてる人たち」など、潜在顧客・将来の見込み顧客の人たちがいっぱいいることに気づきます。

そにみようかな人たちの課題やニーズに答えることが出来る、業界動向をまとめた調査レポートやお客さんインタビューなどのコンテンツを用意するだけで、課題認識、情報収集段階から潜在顧客・見込み顧客にアプローチすることができます。当然、顧客側の視点として比較検討段階にはじめとしてアプローチしてきた企業よりも、情報収集段階以前からアフターしてくれた企業の方を最終候補に選びやすく、企業側の視点としましても商談を有利に進めやすいでしょう。



いつかは課題を感じて検討する人ブログ:2018-2-14

BusinesstoBusinessでは会社の信用度向上が肝となります。信頼性のアップは間違えの無い知識を勉強をして始めるのがB2Bで極めて重要なのです。


間違いの企業と企業取引戦略をもしかして皆様は続けていないでしょうか?企業間取引の失敗要因になるので中でも特に認知拡大などを効果の無い方法で実践をしている人も多いようで、ご注意を!


様々なBtoB戦略が広まっている今、非常に気軽に新規顧客獲得が可能です。一人で抱え込むのではなくコンサルティング会社などに相談することでより一層理想的に企業と企業の取引戦略が可能なんです。


いい加減なマーケティングほどいわゆる企業間取引に意味の無い方法は他にありません。真面目に熟読をして、不安払しょくをやることがb2bに重要なのです。


「BtoBのサクセスストーリーにミーも実現したい!」などと思っているのなら、パソコンでB2B戦略についていくつかマスターしておく必要があると言えます。
今みなさんが手に入れたい話題のニーズ調査方法と企業間商取引の入門サイトなどを観覧をすると、知ることが可能なので是非オススメです。


どのような企業同士商取引戦略が得られるかを熟読してみることを私は推奨します。ある程度異なるbtob知識をコンサルト会社に話を聞くことで勉強が可能なので是非オススメです。



ホーム RSS購読 サイトマップ