わざわざBtoBに変える必要はない

わざわざBtoBに変える必要はない

こいつをわざわざBtoBに変える必要はないじゃないでしょうか」という意見です。そうして、同じような進化がBtoBでも発生するでしょう。

ビジネスプロセスには、企業内と企業間の2種類に分けられている。このことからも、ここからBtoBに取り組まれていくことの効果の大きさがわかります。

一方で、企業間プロセスを2倍効率化するそしたら、ビジネスプロセス全体への貢献はでかいはずなのです。また一方で「BtoBは導入コストもかかってしまうし、使用の仕方も意味不明。

BtoBが注目されてる一方で、「企業間の取引を行うなら別にきょうまで通りFAXでもいいじゃないでしょうか」、という声もよく耳にします。その結果ボトルネックとして浮かびアップしてきたのは、企業間のビジネスプロセスです。

しかしていながら、企業間プロセスの効率が停滞したままで企業内プロセス効率を2倍にしましても、ビジネスプロセス全体の効率化にはあまり貢献できない。もちろんいまは、まだそうでしょう。

その後5年くらいですのであっという間にFAXが普及やったことは皆さんの記憶にも新たなことと思う。でも、つい20年前にはFAXの導入につきましても同じようなことが言い伝えられておりました。

「契約書も見積書もFAXでやりとりしていますし、実在の受発注もFAXで実践したりする。なぜそこがボトルネックなのか?もちろん、さらに企業内プロセスを効率化するのは出来るのでしょう。

今、もし会社にFAXがなくなりましたらどんなふうにでしょうか。企業内では、電子メールをはじめRDBMSやERPなどあらゆるツールやITのインフラが揃っていて、10年前に比べると効率化とスピードアップが実現されます。

現在世界中で使われる「G3」というFAXの規格がCCITTより勧告になりましてしまったのは1983年です。日々ビジネスに大きな支障をきたしますよね。

それこそ取引先がまだ使っていない」という話もよく聞きます。



わざわざBtoBに変える必要はないブログ:2018-4-02

コンサルト会社に話を聞くことでさまざまないわゆる企業間取引知識を知ることが可能なので是非オススメです。現在どのような企業同士商取引戦略があるのかということを確認してみることをどうぞオススメします。


企業会社における商品信頼性拡大などのB2Bのガイダンスサイトにおいては、書き込まれていますので、とりあえず企業と企業の取引の際には調査をしてみてみますと勉強になります。
BusinesstoBusinessブログが最近においてはかなりの数あります。あなたにとって合う調査方法実践をそんな企業と企業の取引戦略をしている人のウェブを確認し、決定すると良いですよ。


君は効果の無い企業同士商取引戦略を続けていませんか?一般的な商品信頼性拡大などを意味の無い方法で行っている人達が結構多く、企業同士商取引の失敗要因になるのでお気を付けを!
実際、btobで何回も失敗してしまっている会社は多くいらっしゃいます。そのような失敗を繰り返してしまわないためにも、正しい基礎知識の企業と企業の取引戦略で確実な設計で行うのが理想的です。


企業と企業の取引戦略に行き当たりばったりほど正しくない知識は無いでしょう。b2bは抜かずにマーケティング活動をして会社の信用度向上をすることが無難です。


多くの企業間商取引戦略がテレビや本などで特集されています。間違っている方法もそれらの方法には存在することから、独立開業のBtoBマーケティングブログなどもチェックしてみてください。



ホーム RSS購読 サイトマップ