有効商談率や受注率

有効商談率や受注率

展示会で名刺交換し、そこからのメールマーケティングや営業訪問によりまして、購買プロセスの前半から関係構築をするのは可能ですけど、Webを活用することのメリットとして、母集団となる獲得したリードの質が不廉ことが挙げられます。BtoBのメリットとしまして、購買プロセスの尚早段階からの関係構築であるそしたら他の施策でも出来るではないのか、と思われた方もおられると思う。

「ノウハウの見えますよう・共有が出来る」ある意味ブログやホワイトペーパーなどのコンテンツを作成する中で実感しいるが、お客さんに為になる情報を提供しましょうとする中で、自社のナレッジやノウハウを洗い出し、言語化するプロセスが生まれます。今まで個々の営業担当者や開発担当者に“経験”として蓄積されまして、一箇所にまとまっていないでしましたり、見えます化されていなかったものを“コンテンツ”として形にすることの方ができるなら、自社に非常に、お客様にとりましても大きなメリットになるのでしょう。

展示会でノベリティグッズと交換した大量の名刺と、検索エンジンやソーシャルメディアを経由して、ブログを読み、ホワイトペーパーをDownloadしてくれたリードを比較した場合、ターゲット企業の割合が峻絶のは後者です。そうして、“コンテンツ”として見えます化するだけで、社内でナレッジやノウハウの共有がしやすくなり、お客様についても自社のナレッジやノウハウを伝えやすくなるんです。

ガイアックス内の実績値としましても、展示会で獲得したリードを精査してメール配信するよりも、自社のサイトやブログ経由で獲得したリードにメール配信する方が、開封率やクリック率、その後の有効商談率や受注率は高くなっています。



有効商談率や受注率ブログ:2018-2-04

殆どの会社がb2b戦略で目標を達成出来ないものですが、企業と企業の取引というのは準備をして、認知拡大方法を日々行うことで、これ以上無い成績を手中に収めることができちゃいます。


君は不完全な俗に言うBusinesstoBusiness戦略を行っていませんか?とくに認知拡大などを意味の無い方法で実践をしている人も多いようで、BusinesstoBusinessの失敗要因になるのでお気をつけ下さい。
コンサルト会社はとっても気軽な俗に言うBusinesstoBusinessをしたいのでしたらいかがですか?ずっと理想としてきた企業間商取引をプロのノウハウで作ることができちゃいます。
店舗に出向くことなくb2b戦略の勉強がINTERNETを使うことで、可能なんです。相当コンサルティング会社のサイトでしたら頭に入れやすくなっているので企業間商取引戦略に必要不可欠です。
最近どのような俗に言うBusinesstoBusiness戦略があるのかということを見てみることを、私は推奨します。多くのbtob知識をBtoBコンサルトに話を聞くことで得ることができちゃいます。
企業間商取引の入門サイトなどを確認してみることによって、今あなたが手に入れたい注目の認知拡大方法とであうことが出来るかもしれません。


俗に言うBusinesstoBusiness戦略が知られている今、とても気軽にブランディングが可能です。自分だけで抱え込むのではなくコンサルティング会社などに相談することでとっても効率的にB2B戦略が出来ます。



ホーム RSS購読 サイトマップ